RACE REPORT

2019FIA-F4選手権 第14戦もてぎ 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
2019FIA-F4選手権 第14戦もてぎ 決勝上位コメントの画像

第14戦 決勝上位コメント

 

第14戦 決勝1位
佐藤 蓮【#7 SRS/コチラレーシング】

「スタートが完璧に決まって、後ろをかなり離すことができたので、SC(セーフティカー)が入ってしまったのは残念でした。再スタート後は川合(孝汰)選手のペースも良かったので、プッシュしてプッシュして“お互いミスした方が負けだ”みたいな展開になり、最後に向こうがミスをしてくれたので勝つことができました。マシンバランスはかなり良かったですが、SC解除後の数周だけは少しバランスが悪かったです。気温、路面温度ともに予選に近いコンディションでしたので、ペースとしてはかなり良かったと思います。来年のことはまだ決まっていませんが、どのカテゴリーで乗るにしても、自分のやるべきことを今まで通りやっていきたいです」

 

 

第14戦 決勝2位
川合孝汰【#63 DENSO ルボーセ IPG F4】

「昨日(第13戦)よりスタートが決まりませんでした。序盤で早めに順位を上げたかったんですが、ちょっとてこずっちゃいました。SC(セーフティカー)が出た時は「ついてるな」と思ったんですが、SC明けで飛び出してしまったのが勿体なかったです。後半はペースが良くなっていましたが、最後の方でミスをして離されてしまったのが残念でした。昨日のアクシデントの影響はありませんでした。むしろタイヤを消耗していない分有利かなと思っていましたが、思った以上にペースを上げられませんでした。今日でチームが最後(レース事業から撤退)なので優勝を届けたかったんですが、それができなくて残念です。来年についていろいろお話はいただいていますが、まだ何も決まっていません。フォーミュラに限らずいろんなカテゴリーに挑戦できたらと思っています」

 

 

第14戦 決勝3位
三宅淳詞【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「昨日(第13戦)はスタートでミスをして後方に飲み込まれ、押し出されて順位を落とす、みたいなもったいないレースだったので、今回はメカニックさんに迷惑をかけましたが昨夜クラッチを交換していただきました。そのおかげで今日はスタートが良かったので、このままいけるかなと思いましたが、佐藤(蓮)選手とのタイム差が大きく、川合(孝汰)選手もタイヤがフレッシュなこともあり前に行かれてしまい、その後は防戦一方のレースになってしまいました。今シーズンは運良く1勝しただけでしたが、富士以外では表彰台に上がれているので、総合的にみたら悪くないのかなと思います。もし来年も出られるようなら、苦手な富士も克服し、もっと優勝できるようにしていきたいです」

 

 

 

第14戦 インディペンデントカップ1位
DRAGON【#30 TEAM DRAGON F4】

「昨日(第13戦)のレースはS字のクラッシュの直後にヘアピンで黄旗が出ていたので減速をしたところ、後ろの選手に追突されてサスペンションアームが折れて走れない状態になってしまいました。今日は混乱に巻き込まれずに自分のペースで走れば勝てると思っていましたから、スタートから慎重にいって、総合順位を争う若い子に絡まないように心がけて、なるべくスマートに前に行かせるようにして走りました。このインディペンデントカップは非常に盛り上がっていますし、おじさんたちの熱き戦いにまた来年も参加したいなと思っています」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU