RACE REPORT

2019 FIA-F4選手権 第5戦鈴鹿 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
2019 FIA-F4選手権 第5戦鈴鹿 決勝上位コメントの画像

第5戦 決勝上位コメント

 

第5戦 決勝1位
太田格之進【#6 SRS/コチラレーシング】

「今までに何度も(勝つ)チャンスはあったんですけど。今日はちゃんと間違えずにスターティンググリッドに止まれました(笑)。昨日から1回も一番を譲っていないので、明日(第6戦)もずっとこのまま逃げ切って優勝で終わりたいと思います。GTが走った後だったので路面コンディションが予選の時とはかなり変わっていて、それに合わせ込むのが難しかったです。チームとして地元の鈴鹿で優勝できたことを本当に嬉しく思いますし、チームメンバーで表彰台を独占できたのは最高なことだと思いますので、明日も継続していけるように頑張ります」

 

 

第5戦 決勝2位
佐藤 蓮【#7 SRS/コチラレーシング】

「(平良響選手と)ぶつかった衝撃でまだ手が震えています。今回はスタートで失敗してしまい、そこで平良選手に前に行かれてしまったことでこういうレースになってしまったので、明日(第6戦)はちゃんとスタートを決めたいと思います。2位まで盛り返すことができたのは良かったとは思いますが、やっぱり悔しいですね。これからチームスタッフとセッティングを煮詰めていって明日は再び優勝できるように最善を尽くします。(シケインで2位を取り返した時は)ここで行くしかない、という感じで結構アドレナリンが出ていたように感じます」

 

 

第5戦 決勝3位
三宅淳詞【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「岡山(第2戦優勝)に続いて運良く表彰台に上がれた、という感じです。一回2番手に上がりましたが、僕のペースが全然良くなかったので厳しいレースになりました。予選から西コースが遅くて佐藤(蓮)選手についていけない状態だったので、もう一度データロガーを見直してアドバイザーにも相談して対策を練っていきたいです。路面温度に関しては、昨日から結構高かったし、チームでデータを豊富に持っているので心配はありませんでした。明日(第6戦)は3番手スタートですし、今日もスタートはうまくいったので、表彰台の一番上に立てるように頑張ります」

 

 

 

第5戦 インディペンデントカップ1位
佐藤セルゲイビッチ【#3 結婚の学校 フィールドモータースポーツ】

「スタートで色々決まったかな、という感じでした。スタートで2台抜いて、次のシケイン手前のブレーキングで植田(正幸)選手をギリギリで抜きました。そのあとは渡辺(大祐)選手とのバトルが続いたんですが、彼とは信頼関係がある仲なので、かなりギリギリのバトルができました。開幕当初はまだFIA-F4のクルマに慣れていないところがありましたが、徐々に理解が深まってきたので今回は予選からそれなりのタイムを出すことができました。でもまだまだ熟成を進めていきたいと思います。明日(第6戦)もまたスタートを決めてトップに立ち、できるだけ前に出て、そこから安定したペースで優勝を狙っていきます」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU