NEWS

2019FIA-F4選手権 第3戦・第4戦 富士大会プレビュー

TO LINK PAGE
2019FIA-F4選手権 第3戦・第4戦 富士大会プレビューの画像

 

たくさんの観衆の前での高速戦! 注目のGW富士大会で
シリーズの主導権を握るのは野中、菅波、それとも……?

 

 4月に岡山国際サーキットで開幕した2019FIA-F4選手権。開幕大会ではHFDP RACING勢が速さを見せ、佐藤蓮、三宅淳詞がそれぞれ1勝を飾ったものの、佐藤蓮は第2戦でスタート違反、三宅は第1戦でチームメイトの太田格之進と接触しペナルティー、第2戦でポールポジションを奪って期待された太田もグリッド位置を間違い、最後尾となってしまうなど、結果に結びつけられなかった。
 その結果、岡山大会で勝ち名乗りは上げられなかったものの、表彰台を逃さなかった野中誠太と菅波冬悟が同ポイントながらシリーズランキングでは1、2 位に立った。



 そして迎える今大会は、ゴールデンウィークのビッグイベントとして開催される、富士スピードウェイでの第3戦・第4戦だ。
 高速サーキットとして知られる富士スピードウェイ、さらにシリーズで唯一2回開催される舞台だけに、ここでの戦いはシリーズ争いに大きな影響を及ぼすことは過去に実証されている。それだけに、この富士大会での第3戦・第4戦は大きな意味を持つこととなるだろう。
 先に挙げた野中、菅波にとっては、ここで勝利を手にすれば、シリーズ序盤戦の主導権を握ることとなり、確実にポイントを重ねつつも「勝ち」にこだわって臨みたい大会のはず。一方、岡山で「勝ち」を手にしたもののランキングで首位の座を手にできていないHFDP RACING勢にすれば、速さはあるだけに、ここでうまく修正をすることが必須となる。そうした争いに木村偉織、平良響、平木玲次、岡本大地、川合孝汰らが絡んでくることで、予想以上の激戦となる可能性も秘めている、それが富士大会へのパドック内の展望だろう。



 また今季、昨年以上の人気を博しているインディペンデントカップでも、この富士では激戦が予想される。
岡山大会で凱歌を上げたDRAGON、そして仲尾恵史に加え、2戦連続表彰台の佐藤セルゲイビッチ、さらにはIKARI、堀田誠、吉田基良らトップ6は、まだまだ混戦模様と呼べる状態。F3経験豊富なDRAGON、昨年タイトルを争った実績のある仲尾に次いで勝利を飾るドライバーが出るのか、それとも前述の両者が2勝目を飾るのか、そのあたりも興味深いところ。



 昨年GWの富士大会では、予選が霧で赤旗中断となる波乱が発生も、Wポールポジションを獲得した角田裕毅が連勝を飾っている。その角田がチャンピオンを獲得したことを踏まえると、序盤戦とはいえシリーズの行方を占うには十分。岡山大会同様の見どころの多い戦いとなりそうだ。


 

 

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU