RACE REPORT

FIA-F4選手権 第14戦もてぎ 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第14戦もてぎ 決勝上位コメントの画像

第14戦 決勝上位コメント

 

第14戦 決勝1位
名取鉄平【#6 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「スタートはもう少しうまく決めたかったんですけど、ポジションはキープできたので、まずまずの出来でした。ペースも決して悪くありませんでしたが、角田(裕毅)選手が速かった。でもチャンピオンを獲るためにも優勝しないとあとがないので、一生懸命キープしました。昨日(第13戦)の経験を生かすことができ、ミスもほとんどなく、安定してレースを進められたので、そこは少し成長できたのかなと思います。結果的に優勝できたのは良かったですが、チャンピオンを獲得できなかったので、嬉しいというよりも悔しいです。初戦の岡山からいろいろなものを吸収しながら一年を通してすごくレベルアップできたとは思います。自分の適応能力の無さとか技術不足もすごくあって、思うようなシーズンにできませんでしたが、集大成として最終戦で優勝できたことは来年にもつながると思いますし、今年一年で学んだことを生かせたと思います」

 

 

第14戦 決勝2位
角田裕毅【#5 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「自分のペースは名取(鉄平)選手より速かったと思います。何回か抜くチャンスはありましたが、そこで当たってリタイアにでもなったら今まで一年間やってきたことが無駄になってしまうので、リスクの高いやり方でのパッシングは避けようと思いました。本当は優勝して決めたかったのですが、とりあえず表彰台を獲得してチャンピオンになれたのは良かったです。今シーズンは(初戦の)岡山から優勝できましたが、途中ノーポイントのレースもいくつかあったので、タイトル争いが最終戦までもつれ込んでしまいました。オートポリスからここに来るまでずっとプレッシャーを感じていて、今やっと肩の荷が下りた感じですが、まだチャンピオンの実感はありません。長かった一年でしたが、“絶対チャンピオンを獲るんだ!”とやってきましたから…」

 

 

第14戦 決勝3位
小高一斗【#1 FTRSスカラシップF4】

「もうちょっとちゃんとレースがしたかったです。(角田裕毅を抜く)チャンスは1回あったのに、そこで決めきれなかったのは自分が甘かったなと思います。開幕戦に出られない時点で負けていた(タイトルは獲れない)ような状態でシーズンを始めましたが、それがなくてもチャンピオンが獲れたかどうかはわかりません。ゴールデンウィークの富士で復帰してすぐに勝つことができなかったのも痛いですし、一年を振り返ると自分の甘さが滲み出たシーズンだったなと思います」

 

 

 

第14戦 インディペンデントカップ1位
廣田秀機【#18 ATEAM Buzz RacingF110】

「不完全燃焼でしたね。ずっとタイムが良くなかったので、このレースで自分のベストタイムを出そうと思っていましたが、セーフティカーが入ってしまいました。サバイバルレースに生き残ったというだけであって、勝ったという実感はあまりありません。8年ぶりのレース活動再開で、他にはスーパー耐久にも出ていますが、FIA-F4はドライビングスキルを上げていくのに最適だと思いました。最初は“どうかな?”という状態でしたが、だんだん(FIA-F4車両の)走らせ方がわかってきました。来年も出ようかどうしようか、今すごく悩んでいますね」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU