RACE REPORT

FIA-F4選手権 第7戦富士 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第7戦富士 決勝上位コメントの画像

第7戦 決勝上位コメント

 

第7戦 決勝1位
小高一斗【#1 FTRSスカラシップF4】

「ペースが悪かったので危ないかなと思いましたが、運がよかったと言うか……。後ろで(ライバルたちが)ごちゃごちゃやってくれたので、なんとか勝てたという感じです。ペースを上げるところと落とすところを区別して走り、後ろがやりあった瞬間にプッシュしました。そこでうまく離すことができ、その後もずっとやりあっててくれたので、作戦が上手くいったと思います。ずっとプッシュしていたらペース的には5番くらいに落ちていたかもしれません。うまくレースをまとめられて良かったです」

 

 

第7戦 決勝2位
角田裕毅【#5 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「本当はバトルしたくなかったんですが、結果的にバトルみたいな形になりました。とりあえずポイントを取れたのは良かったなと思います。菅波(冬悟)選手を抜いてからまた来るとは思っていませんでした。菅波選手が小高(一斗)選手を抜いた時に、ついて行けば良かったなと思いました。菅波選手はストレートがすごく伸びていて、抜いても抜き返されてしまうので、1コーナーなどでだいぶブレーキを詰めていきました。走りは悪くなかったと思います。明日(第8戦)はリヤウイングなしでいきます(笑)」

 

 

第7戦 決勝3位
名取鉄平【#6 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「(ポールポジションだったのに)スタートで油断して入られてしまったのが敗因だと思います。自分の走りも納得できないし、そのほかに周りの選手の走りにも納得できない部分がありました、前回僕がペナルティを受けたのと同じように、スペースを残さないやり方を何回もされました。その辺はチームとも話し合って明日(第8戦)に備えます。明日もトップからのスタートなので、落ち着いて、今日のスタートの失敗を克服して臨みたいと思います」

 

 

 

第7戦 インディペンデントカップ1位
井出靖司【#28 マーケティング・イディア・ES】

「岡山と鈴鹿でこのF4に乗れた(参戦できた)ので、富士でも乗ってみたいなと思っていました。走行距離が少ないので心配でしたが、先輩方に色々教えていただきました。結果的に勝つことができ、楽しいレースでした。目の前で波乱が起きて怖かったんですけど、うまく切り抜けられました。体力的にはきつかったです。5周目くらいからずっとしんどかったんですけど、サボると(後続が)追いついてくるし、サボると(自分が)スピンしちゃうので大変でした。今年はもうこの大会が最後なので、明日(第8戦)も頑張ります」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU