RACE REPORT

FIA-F4選手権第8戦、小高が再び逆転で連勝飾る!
名取、角田が2〜3位。IND-Cは植田が2勝目をマーク

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権第8戦、小高が再び逆転で連勝飾る!<br />名取、角田が2〜3位。IND-Cは植田が2勝目をマークの画像

 

 8月5日(日)、早朝から眩しい日差しが降り注ぐ富士スピードウェイ。午前8時のフォーメイション開始ということで、朝早くの時間帯に行われることとなったFIA-F4選手権第8戦。前日の第7戦決勝とは大きくコンディションも異なり、引き続き路面はドライコンディションながらも34台が並んだグリッド上では最終コーナー方向から爽やかな風が流れ、かなり涼しさを感じる中での決勝となった。



 1周のフォーメイションを終え、午前8時0分にスタートとなった15周の第8戦。レッドシグナルが消えると、上位陣は揃ってまずまずの動き出しを見せ、PP名取鉄平が1コーナーでトップを守り、これに小高一斗、菅波冬悟、角田裕毅、石坂瑞基らが順当に続いていく。オープニングラップは、このトップ5に大滝拓也、川合孝汰、小川颯太、澤田真治、太田格之進という顔ぶれのトップ10となったが、2周目の1コーナーで小高がアウトにはらみ、菅波が2番手に浮上。しかし、今度は100Rで膨らんだ菅波のインに小高が飛び込んで2番手を奪還。同じく1コーナーでは小川が大滝を捕らえて6番手につける。



 これで2周終了時点では名取、小高、菅波、角田、石坂、小川がトップ6となるが、100Rで角田が菅波をパスし3番手に。さらにダンロップコーナーでは石坂が菅波をオーバーテイクし4番手にポジションを上げたことで、3周終了時には名取、小高、角田、石坂、小川、菅波がトップ6となるが、上位陣のギャップも全てコンマ数秒という状態で、昨日同様序盤から混戦模様。4周目には菅波、川合が小川をパスし、それぞれ5〜6番手となったが、上位陣のポジションチェンジはこれに留まらず、5周目のダンロップコーナーではブレーキングで小高がフロントタイヤをロックさせてややオーバーラン。ここで角田が2番手を奪ったほか、菅波が石坂を捕らえて4番手に再浮上を果たす。



 4番手に浮上した菅波はさらに3番手小高に肉薄するが、ここは小高がポジションを守り、6周目の段階でトップ6は名取、角田、小高、菅波、川合、石坂となるが、名取、角田、小高のトップ3は7周目には再びコンマ数秒差となり、もつれ合うように三つ巴の首位争いを展開していく。9周目の1コーナーでは小高が角田に並びかけるものの、角田も1〜2コーナーのアウト側で粘り、角田は2コーナー立ち上がりで目前にいた名取のリヤとフロントウイングが接触するが、両者大きな影響はなく名取、角田、小高のオーダーでレース続行。しかし、セクター3でのペースに勝る小高が再び前との間合いを詰めると、10周目のコカコーラコーナーへの飛び込みで角田を攻略し2番手に再浮上する。
 こうしたトップ3の攻防の間に、再び菅波、石坂も前に追いつき、レース後半はさらに混戦の度合いが高まり、11周目の1コーナーでは3番手角田に菅波が仕掛けるも、続くコカコーラコーナーでは石坂が菅波をパスして4番手に返り咲くことに。



 しかし、激闘は最後まで終わることはなく、13周目のホームストレートで名取のスリップから抜け出た小高が、ついにトップを奪って1コーナーへ。2番手に後退した名取には角田が迫るが、その背後には石坂がピタリと追走しており、ファイナルラップの1コーナーでは角田が石坂に並びかけられる。両者の3位争いはコカコーラコーナーまで続いたが、残念ながらコカコーラコーナー立ち上がりで両者は接触。石坂のマシンは弾かれてコースアウトしてしまう。



 こうした背後の攻防の間に、トップの小高は最後は1秒半のギャップを築いてトップチェッカー。昨日同様、混戦から抜け出しての連勝となった。2位は名取、3位には角田が続き表彰台へ。石坂がファイナルラップにストップしたことで、4〜6位には菅波、小川、佐藤蓮が繰り上がった。



 一方インディペンデントカップでは、仲尾恵史がトップを守り、これに植田正幸、廣田秀機が続く展開となったが、ラストラップに仲尾がスピンを喫し、植田が逆転。植田は岡山での第2戦以来となる今季2勝目をマーク。2位に仲尾、3位にはこれが初表彰台となる佐々木祐一が入った。



 次大会は9月15〜16日のスポーツランドSUGOでの第9戦・第10戦となるが、今大会で角田の連勝が途絶え、小高が連勝したことで角田のランキング首位は揺るがないものの、ランキング2位には小高が浮上。名取はランキング3位に後退することとなった。この結果、少なくとも菅生大会での角田の王座決定はなくなった格好だが、まだまだ残る6戦での攻防から目が離せない後半戦といえそうだ。

 

 

 
TO LINK PAGE

TO TOP MENU