RACE REPORT

FIA-F4選手権 第6戦鈴鹿 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第6戦鈴鹿 決勝上位コメントの画像

第6戦 決勝上位コメント

 

第6戦 決勝1位
角田裕毅【#5 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「スタートで出遅れて、ちょっと焦っていました。前日のレース(第5戦)を見ていても1号車(小高選手)はペースが良かったですし。でもパッシングした周はセクター1がうまくいって前があまり離れなかったので“この周しかないな”と思い、うまく合わせていって抜くことができました。そのあとはラッキーな部分もありましたが、自分のペースも悪くなかったので“もっとレースしたい」”という残念な気持ちもあります。次は富士ですが、前回の富士ではかなり接戦で気が抜けないレースウィークになったので、そこをどう改善していくかを考えて、どんどん挑んでいきたいなと思います」

 

 

第6戦 決勝2位
小高一斗【#1 FTRSスカラシップF4】

「昨日(第5戦)課題だったスタートは、うまくできたので良かったと思いますが、そのあとのペースがあまり良くなく、抜かれてしまいました。そのあとも取り戻そうとしていたんですが、(セーフティーカーが入ったため)そのまま終わってしまいました。なんとも言えない気持ちです。次の富士に関しては、前回クルマの面で負けている部分があったので難しいレースになるのかなと思います。対策をしっかり考えて臨みたいと思います」

 

 

第6戦 決勝3位
大滝拓也【#7 SRS/コチラレ一シング】

「予選の通りで終わったなという感じです。ただ角田(裕毅)選手が仕掛けに行った時に冷静に判断することができました。あそこで並びかけようと思えばできましたが、1コーナーまでには負けるな、と分かりましたし、後ろから名取(鉄平)選手も来ていたので、ディフェンスに徹しました。あそこでポジションを守れたので、展開としては悪くなかったと思います。自分のペースは悪くなかったので、もしあのあともレースが続いていれば、仕掛けるチャンスはあったと思いますし、自信もありました。次は少しインターバルが空きますが、流れは悪くないので、自信を持って臨みます」

 

 

 

第6戦 インディペンデントカップ1位
仲尾恵史【#2 TCS Racing Team】

「昨日の結果(第5戦は表彰式後にペナルティにより優勝がなくなる)は残念でした。今日は今まで以上に注意して走りました。完璧だったと思います。久保(宣夫)選手はメカニカルトラブルだったのかなと思います。一度寄せられて危ない場面はありましたが、アクシデントとかではありません。次の富士大会は冷静に、ペナルティをもらうことのないように気をつけて頑張ります」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU