RACE REPORT

FIA-F4選手権 第5戦・第6戦鈴鹿 公式予選上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第5戦・第6戦鈴鹿 公式予選上位コメントの画像

予選上位コメント

 

第5戦 予選1位/第6戦 予選1位
角田裕毅【#5 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「とりあえずポールが獲れて良かったと思います。ですが昨日夕方の練習走行の方が1周がまとまっている感じがありました。今日(予選)は1コーナーでオーバーランしたり、ホイールロックさせてスピンしたりしていたので、それがなければまだまだいけたと思います。アタック中にトラフィックにも引っかかったのでストレスの貯まる予選でした。それでも焦ることなくポールを獲ることができたのは良かったです。路面が出来上がるのを待って遅めにアタックしましたが、プラン通りにタイムを出すことができました。決勝では1コーナーで抜かれないようなスタートをして、そのあともぶっちぎりたいなと思います。スタートは念入りに練習しているので去年よりレベルアップしていると思います。それを決勝で活かしたいですね」

 

 

第5戦 予選2位/第6戦 予選2位
小高一斗【#1 FTRSスカラシップF4】

「タイムを出すのが早すぎました。路面が出来上がらないうちにアタックに行ったせいでコンマ2秒くらい負けてしまいました。後半はフロントタイヤが消耗してしまっていて、アタックしても思うようにタイムが出なくなったので、決勝に向けてタイヤを温存するために早めにピットに戻りました。角田(裕毅)選手の方が2、3ラップ遅れてアタックしていたので、そこは“やられたなあ”という感じです。昨年の鈴鹿大会より路面温度が低いですし、昨晩に雨も降り、朝も曇っていたので、コンディション的には悪くなかったです。その分スピードを出してコーナーに入っていけるので、フロントタイヤの消耗も早かったようです。でも富士大会よりはタイム差が縮まっているので、富士より抜きにくいコースですが仕掛けていきたいと思います」

 

 

第5戦 予選3位/第6戦 予選3位
大滝拓也【#7 SRS/コチラレ一シング】

「僕は鈴鹿のレーシングスクールを卒業していてコースは熟知しているので、自信もありました。ですが、昨日、一昨日と調子が悪く、10番手とか7番手のタイムしか出ず、トップグループに入れませんでした。そこで予選に向けて他のドライバーの車載映像などを見て僕なりに反省点を見つけ、それを無くしたらタイムが出た、という感じでした。今回は『うまくまとめた』という感じで、スプーンひとつ目のブレーキングで少し行き過ぎてタイムをロスしたりしていたので、もう一歩打つ手があったんじゃないかと後悔もしています。それでも安定してタイムが出ていたので、決勝のペースは自信があります。3番手スタートですが優勝を狙って頑張ります。ここまでレースで無茶をしてしまい、ペナルティを受けたりリタイアに終わったりしているので、そこが今回の課題です。ここから本番ということで集中してやっていきます」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU