RACE REPORT

FIA-F4選手権 第4戦富士 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第4戦富士 決勝上位コメントの画像

第4戦 決勝上位コメント

 

第4戦 決勝1位
角田裕毅【#5 HFDP/SRS/コチラレ一シング】

「本当は後ろを離したかったんですが、第3戦がそういう雰囲気ではなかったので、今回も混戦になるかもしれないと思っていました。序盤から思ったよりペースが上がらずに不安でしたが、耐えるしかないとも思いました。ただバトルには余裕がありました。最終コーナーで名取選手にインに入られたのは「(彼に)無理があるな」と思いましたし、少し当たっていることには納得できない部分もありますが、1コーナーではきちんとラインを残してくれたり、フェアなバトルができたので、そうした面では彼を尊敬しています。次戦の鈴鹿では岡山の第2戦みたいに他を寄せ付けないような走りがしたいです。よく準備して臨みたいと思います。次もポール・トゥ・ウインで5連勝したいですね」

 

 

第4戦 決勝2位
小高一斗【#1 FTRSスカラシップF4】

「多分前がバトルしてくれなかったら4位か、菅波選手にも抜かれて終わっていたと思います。前でバトルしてくれたおかげでラッキーで2位に上がれました。名取選手と川合選手を抜きに行ったら、そこに菅波選手がいたのでラインを変えなければならなくなり、改めてクロスラインで抜こうとしたところブレーキで行き過ぎてしまいました。そこには少しブランクを感じました。まだまだ実力では負けているので、鈴鹿に向けて本当により頑張っていかないとと思います。鈴鹿でのテストでは調子が悪くはなかったので、富士よりは自信があります。期待して欲しいです」

 

 

第4戦 決勝3位
菅波冬悟【#81 OTG DL F110】

「10番グリッドからのスタートだったので、展開に恵まれたと思います。スタートでふたつ順位を上げ、2周目に前でアクシデントがあった横をうまくすり抜けて5番手に上がりました。そこから前の選手が競り合いをし始めたので間隔を詰めることができました。結構ギリギリのバトルになって怖かったんですが、位置取りを考えながら対処して、順位を上げられたのは良かったです。今回はレースウィークに入ってからなかなか結果につながらず、決勝レースが始まってやっと路面とマッチした感じでしたので、今後はレースウィークを通していいペースで走れるように。特に予選でもっと前に行けるように頑張ります」

 

 

 

第4戦 インディペンデントカップ1位
池島実紅【#39 SACCESS RACING F4】

「スタートでミスをしてしまって焦りましたが、そのあとは前でごちゃごちゃしているところをうまく抜けられたのは良かったなと思います。その後はペースが上がらずに前に離されてしまったので、そこは反省点です。次は8月に出させていただく予定なので、それに向けて準備していきます。最初からシリーズを通して参戦するのが目標ですが、なかなか実現できていません。現在はひとつでも多くのレースに出られるということが大切だと思っているので、それができるように努力していきます」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU