RACE REPORT

FIA-F4選手権 第12戦鈴鹿 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第12戦鈴鹿 決勝上位コメントの画像

第12戦 決勝上位コメント

 

第12戦 決勝1位
宮田莉朋【#1 FTRSスカラシップF4】

「4番手スタートだったので“最低限表彰台でも”という状況でした。スタートを失敗したつもりはなかったのですが順位を上げられなかったので、S字でしっかりついて行こうと思って走っていたら、角田(裕毅)選手がミスしたので抜くことができました。それが優勝につながったと思います。セクター3、セクター4では自分が速いことがわかっていたので、セクター1で無理をせずにセクター3で追いつこう、という風にずっとやっていたら、最後の最後で(笹原右京選手を)うまく抜くことができました。もてぎに関しては、去年はずっと調子が良く、ファステストラップもコースレコードも記録していたのに、自分の判断ミスで負けてしまいました。ですが今回はそうしたミスもなく、オーバーテイクの仕掛け方もわかったので、もてぎも速さを保って2連勝したいと思います。自分はF3にも出ていますが、F3はミスをしないドライバーばかりなので、その中で学んだことが今回活かせたと思います」

 

 

第12戦 決勝2位
笹原右京【#6 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「いいスタートを切ってトップに立ったところまでは自分で展開をうまく持っていけましたが、昨日から抱えているトラブルを修正しながら走っていました。コース上に留まるだけでも大変な状況の中、ミスをしないように必死で走っていましたが、宮田(莉朋)選手が大湯(都史樹)選手をオーバーテイクしてからは一気にペースを上げて来て追いつかれてしまいました。そのまま最終ラップの1コーナーで抜かれてしまい、ドライバーとしてもチームとしても悔しい形で終わってしまいました。次に向けて何をしなければいけないかは明白だと思うので、また前を向いてやれることをやっていきます。トラブルの原因はまだわかりませんが、次のもてぎまで時間があるので、ひとつひとつ調べて、万全の体制でもてぎを迎えられるように、ドライバーとしてもやれることをしっかりやって準備していきます」

 

 

第12戦 決勝3位
角田裕毅【#8 SRS/コチラレーシング】

「スタートがあまり良くなくて3位に落ちてしまい、そのあともダンロップコーナーで自分がミスしてしまって宮田(莉朋)選手に抜かれてしまいました。あの1周がなければ自分が後ろを押さえて走っていけたと思うし、3位で終わることはなかったと思います。そういう意味では反省しかないレースでした。次の大会で前の2人が躓いてくれないとチャンピオンはないと思いますが、たとえチャンピオン争いが関係なかったとしても勝ちにこだわって2連勝したいと思うので、最後まで頑張りたいです」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU