RACE REPORT

FIA-F4選手権第11戦、角田が宮田の攻勢しのぎ3勝目!
健闘の浦田は大湯とのバトルで接触、惜しくもリタイア

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権第11戦、角田が宮田の攻勢しのぎ3勝目!<br />健闘の浦田は大湯とのバトルで接触、惜しくもリタイアの画像

 

 SUPER GTの公式予選が終了した午後4時30分、かなり陽が西に傾き影が長くなったコース上で、FIA-F4選手権第11戦のフォーメーションラップが始まった。
 

 

 ポールシッターの角田裕毅を先頭とした隊列が再びグリッドに着き、いよいよ午後4時34分にレッドシグナルが消灯、後方で早瀬広道がストールも、ほぼ全車がいっせいにスタートを切る。
 まずまずの動き出しを見せたポールシッターの角田に対し、初のフロントロウスタートとなった2番グリッドの浦田裕喜も好スタートで続いたものの、3番手スタートの宮田莉朋の加速がそれを上回り、1コーナーで宮田が2番手に浮上。3番手浦田の背後では、好スタートを決めた大湯都史樹が笹原右京をかわして4番手にポジションアップを果たす。
 

 

 こうして角田、宮田、浦田、大湯、笹原、そして河野駿佑というトップ6が牽引してオープニングラップが進んだが、130Rで細田輝龍がスピン。しかし大きなアクシデントには至らず、細田もレースに復帰し、上位陣はそのままのオーダーで1周目を終える。
 上位陣は数周に渡ってコンマ数秒差で接戦を演じるが、その背後では篠原拓朗、大滝拓也、平木湧也らもポジションを入れ替えつつ接近戦を演じることに。
 

 

 4周目、トップの角田は2分08秒822のファステストラップをマークし、じわりと宮田とのギャップを拡大。宮田の後方では浦田と大湯が攻防を続けるものの、浦田もなかなか隙を与えない。さらに5周目の1〜2コーナーでは笹原に河野が並びかけるも、笹原が踏ん張りこちらも順位変動はないまま、上位陣の周回が進んで行く。
 

 

 レースが折り返しを過ぎて、角田、宮田のトップ2台がハイレベルな接近戦を演じながら、3番手を争う浦田、大湯、笹原、河野の4台をやや引き離し、優勝争いはマッチレースの様相に。しかし、3番手争いは激しさを増し、9周目の1コーナーからS字にかけて並走しながらサイド・バイ・サイドの戦いを繰り広げるものの、S字の中で両者は接触。初表彰台を目指した浦田は惜しくもスピン、バリアにクラッシュしてしまい、大湯が3番手をもぎ取ることに。
 

 

 最終ラップにもテール・トゥ・ノーズの攻防を演じた角田と宮田だったが、角田がトップを死守。そのまま逃げ切りガッツポーズで嬉しい今季3勝目を飾ることに。そして2位には宮田が入り、3位には大湯。ポイントリーダーの笹原は4位に終わり、5位には河野。そして川合孝汰が6位となった。
 

 

 注目の第12戦決勝は明日、午前8時05分のスタート。この日の第11戦の結果、Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクトが2年連続でのチームタイトル獲得を決めているが、その一方、ドライバーズタイトルに目を転じれば、ポイントリーダー笹原とランキング2位につける宮田とのポイント差は20に縮まることとなり、これで鈴鹿でのタイトル決定はなくなり、タイトル争いは3年連続での最終戦決着となることが決まっている。
 とはいえ、明日の第12戦の結果次第で最終戦もてぎでのタイトル争いのシチュエーションが大きく変動するだけに、目が離せない一戦となりそうだ。

 

 

 
TO LINK PAGE

TO TOP MENU