RACE REPORT

FIA-F4選手権 第1戦岡山 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第1戦岡山 決勝上位コメントの画像

第1戦 決勝上位コメント

 

第1戦 決勝1位
笹原右京【#6 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「一番重要だと考えていた初戦で優勝できて、すごく良かったと思います。スタートがうまく決まらなかったので、絶対に1周目のどこかで(トップだった宮田選手の)前に行ってやろうと考えていました。アトウッドで前に追いついた瞬間に『ヘアピンで抜くしかない』と思って仕掛けました。タイヤが冷えている最初の数周のコントロールは得意なので、トップに立ってからはその強みを生かそうとしたところ、予想外に後ろが開いたため、その後はペースをコントロールして走りました。FIA-F4は最低重量が軽めで、僕の体重だとオーバーしてしまうので、オフの間に筋肉を落とさないよう心がけながら4〜5kg減量し、マシンの特性を理解するように努め、コースはユーチューブを見たりシミュレータも何回か行い、できることはすべてやって開幕に臨みました」

 

 

第1戦 決勝2位
宮田莉朋【#1 FTRSスカラシップF4】

「スタートは悪くなかったのですが、ヘアピンで抜かれたのは良くなかったなと思います。ただクルマのバランスも今ひとつで、笹原選手の前にいても勝てる状態ではありませんでした。予選まではうまく行っていたのに、ドライタイヤを履くとオーバーもアンダーも出てしまいました。後半はドライビングでアジャストできましたが、そこまでは苦しかったです。明日(第2戦)はセットアップを考え直さなければ、と考えています。全勝が目標だったので今回は悔しい結果ではありますが、負けたからこそ自分のだめだった部分が見つかるとも思うので、この結果を次にしっかり生かしたいと思います」

 

 

第1戦 決勝3位
角田裕毅【#8 SRS/コチラレーシング】

「スタートで2位に上がれたら、と思っていましたが、あまりうまくいきませんでした。1〜2コーナーで笹原選手を抜けそうでしたが、塞がれてしまいました。その後はなんとか3位のポジションを守ろうとがんばりました。なかなかペースが上がりませんでしたが、次戦に向けて色々トライできたので、その点は良かったと思います。悔しい結果ですが、これもレースなので、また次がんばります。次はスタートで順位を上げられるよう、いっぱい勉強して臨みます」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU