NEWS

「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」募集要項

TO LINK PAGE
「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」募集要項の画像

■「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」募集要項

 

 全日本カートおよびS–FJという、モータースポーツ入門カテゴリーで活躍する若手ドライバーたちにFIA-F4選手権へのステップアップをサポートする新たなプログラム「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」。導入初年度となる来たる2017年シーズンに向け、本プログラムを立ち上げるGTAは、以下の要項に従い、2016年度の全日本カート選手権またはS–FJ参戦経験者から広く“チャレンジドライバー”を募集いたします。

 

 

◎サポート内容

 

 

 2017年FIA-F4選手権へのGTAが指定するチームからのフル参戦サポート

(GTAが設定する「OTG F4トレーニング」、「DUNLOP F4 トレーニング」等、レースウィーク付帯走行を含む)

 

・FIA-F4車両レンタル費用(エンジンレンタル費用含む)

 

・工場およびレースウィークにおける車両メンテナンス費用

 

・サーキットへの車両機材の運搬費用

 

・レースウィークに使用する指定ダンロップタイヤ(3セット/1大会)

 

・ガソリン・オイル・ブレーキパッド等の消耗品

 

・レースへのエントリー費用

 

・レース参戦用レーシングスーツ費用半額サポート(スーツメーカー自由。指定デザインあり、パーソナルスポンサーロゴ掲示応相談)

 

 

 

◎ドライバー本人の負担内容

 

 

・ドライバー個人の競技ライセンスおよびサーキットライセンス取得費用、保険費用

 

・レース参戦に必要なエクイップメント費用(ヘルメット、シューズ、グローブ、HANSデバイス、アンダーウェア等一式、レーシングスーツ費用半額)

 

・ドライバー個人経費(交通費、宿泊費等)

 

・レースウィーク(GTAが設定するトレーニング走行含む)以外の練習走行にかかる費用一式

 

・車両破損時の修復費用(修復に要するパーツ代金を含む)

 

 

 

1)「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」選考対象者

 

 

・2016年度に開催された「全日本カート選手権(KFクラス)」出場経験者、または同「地方選手権S-FJシリーズ」出場経験者であること

 

・2017年FIA-F4選手権へのフル参戦が可能な競技許可証(ライセンス)を取得可能なドライバー

(※国内競技運転者許可証A以上。ただし限定国内競技許可証Aを含む)

 

・過去にFIA-F4選手権、JAF-F4地方選手権、フォーミュラ・チャレンジ・ジャパンを含む上級フォーミュラカーレースへの参戦経験がないドライバー

 

・未成年者の場合、本プログラムへの応募および2017年FIA-F4選手権シリーズへの参戦に際し、親権者の同意が得られること。

 

 

 

2)応募手順

 

 

①:以下のリンク先にある「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」応募用紙をA4サイズでプリントアウト、必要事項をご記入、写真貼付の上、2月10日(金)必着にて、下記宛先の株式会社GTアソシエイションFIA-F4事務局まで郵送、またはメール添付にてご応募ください。

 

 

■「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」応募用紙

※未成年者の場合は、親権者同意の欄に「親権者(または後見人)の直筆による署名と捺印」がない場合は受理いたしませんので、必ず「親権者(または後見人)の直筆による署名と捺印」をもらってください。

 

 

■申込書宛先

 

 

・郵送の場合の宛先/(2月10日必着のこと)

 

株式会社GTアソシエイション FIA-F4事務局 担当/中野

〒142-0031 東京都品川区西五反田2-14-2 五反田YNビル3F

TEL :03-6426-2501 FAX :03-6426-2504

 

 

・Eメールの場合の送信先アドレス/

 

entrant@fiaf4.jp

 

 

 

②:ご応募いただいた書面にて速やかに1次書類選考審査およびその合否通知を行った上で、2月15日(水)〜16日(木)に2次選考(面談およびサーキットでの実走テスト)を開催。それらの結果を元に最終選考を経て“チャレンジドライバー”を決定いたします。

※ 上記選考スケジュールを変更修正いたしました。(1月31日)

 

 

以上

TO LINK PAGE

TO TOP MENU