NEWS

2016 FIA-F4選手権 オフィシャルテーマソング決定

TO LINK PAGE
2016 FIA-F4選手権 オフィシャルテーマソング決定の画像

スーパーGTで活躍する吉本大樹が所属する「doa」が

新曲「HERO(リリース未定)」をFIA-F4選手権に提供!

 

 若手ドライバーたちが切磋琢磨するエントリーフォーミュラカテゴリーとして、今週末の岡山国際サーキットにて2年目のシーズンが幕を上げる2016FIA-F4選手権。その激戦に華を添えるオフィシャルテーマソングとして、スーパーGTで今季も「SYNTIUM LMcorsa RC F GT3」を駆る吉本大樹がヴォーカリストとして参加するバンド、doaの「HERO」が決定された。

 doaの「HERO」は、今季のFIA-F4選手権のオフィシャルテーマソングとして、J SPORTSで放送されるレースダイジェスト番組「2016FIA-F4選手権」(第1戦/第2戦は初回4月21日22:00よりJ SPORTS 3にて放送)を始め、レース後ニコニコ動画で使用されるほか、FIA-F4選手権の各大会が行われるサーキットでも、スタート進行や中継冒頭部分などに流され、今季のシリーズを彩ることとなった。


[doa Profile]
 楽曲ごとにメインヴォーカルが変わるというスタイルを持ち、彼らにしか生み出せない3 声のコーラスワークを繰り広げている3ピース・ヴォーカル・バンド、doa。
 ウェストコースト・ロックに影響を受け、インディーズ時代にはCSN&Y等のカバーを収録したアルバム「deadstock」をリリースし、2004年7月14日に1st Single『火ノ鳥のように』でメジャーデビュー。
 数多くのヒット曲を生み出し続けている作・編曲家であり、高い技術を持つベーシストとして幅広い活躍をしている徳永暁人(Vo&Ba)、いくつかのバンド活動を経て、スタジオミュージシャンとしても数多くの活動を行い、驚異的なハイトーンヴォイスを持つ大田紳一郎(Vo&Gt)、そして10代からレーシングドライバーとしてのキャリアを持ち、音楽活動と平行しながら現在も日本最高峰のレースの舞台“SUPER GT” に参戦している異色のヴォーカリスト吉本大樹(Vo)により結成。
 メジャーデビュー以来、精力的に制作とライブ活動を行い、彼らにしか生み出せない3声のコーラスワークと楽曲ごとにメインヴォーカルが変わるという特長を持つ。
 2016年1月には10枚目となるオリジナルアルバム「FREEDOM×FREEDOM」をリリース。タイトルチューン『FREEDOM×FREEDOM』のMusic Video では、現役レーシングドライバーでもある吉本大樹が、演奏している徳永暁人と大田紳一郎の周りをドリフト走行をするという前代未聞の映像を制作し話題に。
 2016年2月には「doa LIVE Tour 2016 -FREEDOM×FREEDOM- 」を全国5大都市にて開催し、4月より「doa Acoustic Live Tour “3WAY STREET”」を開催する。

 

[doa official website] 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU