ABOUT

FIA-F4とは

注目のエントリーフォーミュラ“世界基準”。それがFIA-F4

世界自動車連盟(FIA)がF3に繋がる新たなエントリーフォーミュラカテゴリーとして提唱、2014年に先陣を切ったイタリアシリーズを皮切りに、世界各国でシリーズが開催されるようになったFIA-F4シリーズ。次世代のモータースポーツを背負う若いドライバーたちが腕を競い合い、切磋琢磨するこのFIA-F4。日本では、2015年からSUPER GTシリーズのサポートイベントとしてスタートし、初年度から毎年熱い戦いが展開され人気を集めている。

JAF地方選手権として創設されたFIA-F4選手権は、前述したように国内屈指の人気レースシリーズであるSUPER GTの国内大会に帯同する形で、全国各地のサーキットを舞台とした全7大会14戦(1大会2レース制)でのシリーズ開催が基本となっている。

毎シーズン、将来のトップドライバーを目指す若手による群雄割拠が展開されるFIA-F4選手権では、初年度の2015年には坪井翔、牧野任祐、大津弘樹、山田真之亮、翌2016年には宮田莉朋、阪口晴南、川端伸太朗らが激戦を展開し、それぞれ全日本F3選手権やSUPER GTへとステップアップを果たした。このように創設以来、次々と若き才能たちを輩出し続けるFIA-F4選手権シリーズは、今後も「モータースポーツの甲子園」としての役割を担っていくこととなる。

エントリーフォーミュラ

TO TOP MENU

日本の技術によって支えられるFIA-F4選手権

日本の技術

海外コンストラクター製のシャシーを使うことの多いフォーミュラカテゴリーにあって、FIA-F4選手権は、主要構成部品を国内企業が開発・生産した車両をワンメイク車両として使用することとなっている。

国内モータースポーツで技術を育んで来た童夢、トムスなどの会員企業によって設立された日本自動車レース工業会(JMIA)が主導し、FIAが定めるFIA-F4車両規定に則って開発したFIA-F4選手権専用シャシーである童夢F110は、上級カテゴリーであるF3と同等の安全性を持ったシャシー。また、この童夢F110に搭載されるトムスTZR42エンジンは、市販量産車用エンジンをベースに開発され、約160馬力を発生する2リッター4気筒の専用エンジンだ。この童夢F110/トムスTZR42というパッケージは、エントリーフォーミュラ用として高いパフォーマンスを発揮しながらも、FIAのコストキャップ規定に准じており、参戦費用の抑制にもシリーズ初年度から大きく貢献している。

また、FIA-F4選手権では、コントロールタイヤをダンロップが供給。全車が同じシャシー、エンジン、タイヤで戦うこととなり、ハードウェアの面で高いイコールコンディションが保たれる中、それを操って戦う若手ドライバーの技量がレースの行方を大きく左右することとなるだろう。

TO TOP MENU

FIA-F4選手権のレースウィークと選手権タイトル

木曜日から始まるレースウィークは4日間

若手ドライバーの育成カテゴリーであるFIA-F4選手権では、基本的にレースウィークは木曜日から日曜日までの4日間に集約される。

木曜日〜金曜日  専有走行

レースウィークの走行開始となるのは木曜日。木曜の午後には、通常30分×3本、または45分×2本など、合計90分間程度のFIA-F4専有走行セッションが設定される。また翌日の金曜日午前にも、同様に合計90分間程度の専有走行セッションが設定されるが、大会によってはレースウィーク直前にサーキット主催のスポーツ走行が設定されることもあり、こうした走行を通じて、各チームとドライバーは週末に行われる予選・決勝へのマシンセットアップやドライビング習熟を行うこととなる。

土曜日  公式予選&決勝レース1

いよいよ土曜日には、メインレースであるSUPER GTの走行が始まることとなるが、FIA-F4選手権は20〜30分間の公式予選セッション1回と、レース距離60kmまたは最大30分間で争われる決勝レース1が行われる。

公式予選セッションの結果により決勝のスターティンググリッドが決定されるが、各ドライバーが公式予選セッション中にマークしたベストタイムによって土曜の決勝レース1のグリッドが、また同セカンドベストラップによって日曜の決勝レース2のグリッドが決することとなる。

なお、金曜午後に行われる公式車検以降、各ドライバーが使用できるタイヤは前輪2本、後輪2本、合計4本(1セット)のみ。基本的にこの1セットのタイヤで、公式予選と2回の決勝レースを戦わなければならない。

日曜日  決勝レース2

SUPER GTの決勝日となる日曜日には、FIA-F4選手権の決勝レース2が行われる。基本的にレース1と同じく、レース距離は60kmまたは最大30分間。この決勝レース2の終了をもって、FIA-F4選手権のレースウィークは幕を閉じる。

なお、土曜の決勝レース1、日曜の決勝レース2ともに、決勝終了後には暫定表彰が行われ、トップ3のドライバーは表彰台の上でセレモニーに臨み、スタンドの大観衆からの祝福を受けることとなる。

レースウィーク

TO TOP MENU

JAF地方選手権として2部門にタイトルを設定、海外ドライバー含めたGTAアワードも

JAF地方選手権

FIA-F4選手権では、各レースでの決勝結果に応じて1位〜10位に入賞したドライバー、チームの2部門において選手権ポイントが授与されるが、シリーズ初年度のみ80%の有効ポイント制が採用されたが、2年目の2016年からは全戦有効制が導入されている。この獲得ポイント数により、JAF地方選手権としてのFIA-F4選手権のシリーズチャンピオンが決定される。

また上記に加えて、GTAでは独自にJAF地方選手権ポイントの対象とならない、海外ASN発給ライセンスで参戦するドライバーも含めたGTAアワードを設定。「ドライバーアワード」と、同一チーム内での最上位ポイントのみを計上、出走ポイントなども加算する「チームアワード」の2部門が設定され、ともにGTAよりトロフィーまたは楯が授与される。「ドライバーアワード」については上級カテゴリーへのステップアップ支援等の選考対象とする他、チームアワードについては国土交通大臣賞が授与されることとなっている。

TO TOP MENU

FIA-F4選手権開催に際して

服部尚貴 FIA-F4プロジェクトリーダー(コメント)

「2015年にスタートしたこのFIA-F4選手権の創設より、プロジェクトリーダーという立場でシリーズ運営に携わってまいりましたが、このカテゴリーからF3やSUPER GTに多くの若いドライバーたちがステップアップし、国内外を問わず、それぞれのカテゴリーで頑張ってくれている姿はとても嬉しく感じています。

このFIA-F4選手権がSUPER GTという多くの注目を集める人気シリーズとの併催であるという効果が、少なからずシリーズの隆盛とそこから巣立っていくドライバーたちの、こうしたステップアップやその後の活動に現れているように思いますし、通常のエントリーカテゴリーではなかなか得られない、“アピールできる環境”を提供できているのではないかと自負しております。

そういう意味で、シリーズとして素晴らしいスタートを切ることができたと思いますが、FIA-F4選手権から上級カテゴリーへの卒業生の「送り出し支援」だけではなく、2017年からはカートやS-FJといった下のカテゴリーからFIA-F4選手権への扉を開くべく、FIA-F4 JAPANESE CHALLENGEという、「引き上げ支援」もスタートいたしました。このようにドライバーの育成過程において重要なシステムとなる、ステップアップサポートにも注力することで、若い才能へのチャンスをもっともっと創造していきたいと思いますし、このFIA-F4選手権カテゴリーの持つ役割や価値、というものをさらに高めていきたい。上級カテゴリーや下級カテゴリーとの連携を高めつつ、よりFIA-F4選手権を確固たるプロジェクトにしたいと考えております。

現状、多くのエントリーを集めるFIA-F4選手権ですが、若手ドライバーを中心に、海外からのドライバーやジェントルマンドライバーなど、多岐に渡る多くのドライバーに参加していただくことで、よりコンペティションが密になり、より多くのドライバーが切磋琢磨できる環境が生まれると思いますし、その中からひとりでも多くの若いドライバーたちが、このFIA-F4選手権から巣立ち、将来の日本のモータースポーツを背負って立つトップドライバーとなってくれるものと信じています。

今後とも、このFIA-F4選手権シリーズへのご支援をいただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。」

服部尚貴近影

TO TOP MENU

車両紹介

FIA-F4車両

FIA-F4車両

若手ドライバーの育成を目的に「第4のフォーミュラカテゴリー」として創設された「FIA-F4」。その使用マシンはFIAが定める車両規則に則り、F3に准じた高い性能を誇るものとなっているが、当該規則に則っていれば各シリーズごとにワンメイク車両を構成するシャシー、エンジンなどを選択出来るのが特色のひとつだ。

日本のFIA-F4選手権ではシャシーは童夢製「F110」、エンジンはトムス製「TZR42」、ギヤボックスは戸田レーシング製「6速シーケンシャル・パドルシフト」、さらにタイヤはダンロップ製など、国内企業の製品を採用。参戦コストを抑えつつも、高い次元でのイコールコンディションとクオリティーで、若手ドライバーたちの技術と経験値の向上をバックアップする。

F110 三面図

TO TOP MENU

CHASSIS

DOME F110
全長 4,341mm
全幅 1,740mm(タイヤ間)
全高 950mm(ROLL HOOP)
ホイールベース 2,750mm
トレッド(Front) 1,550mm
トレッド(Rear) 1,490mm
車両重量 600kg(ドライバーの体重含む)
サスペンション(Front) ダブルウィッシュボーン/プッシュロッドオンアップライト
サスペンション(Rear) ダブルウィッシュボーン/プッシュロッドオンアップライト
ホイール(Front) 13"×8J インセット24C/L
ホイール(Rear) 13"×10J アウトセット9C/L
タイヤ(Front) 195/550 R13
タイヤ(Rear) 240/570 R13
シャーシ

TO TOP MENU

ENGINE

トムス TZR42
エンジン形式 TZR42
ベースエンジン TOYOTA 3ZR-FE
エンジン仕様 自然吸気
可変バルブタイミング
電子制御スロットル
排気量 1,987cc
ボア×ストローク 80.5×97.6mm
ECU & GCU R&SPORT
クラッチ AP 7.25inch
スターター/オルタネーター DENSO
エンジン

TO TOP MENU

GEAR BOX

戸田レーシング製
6速シーケンシャルギアボックス パドルシフト付き
ギアボックス

TO TOP MENU

競技規則

FIA-F4選手権 競技規則

TO TOP MENU

運営団体

FIA-F4選手権 運営団体

社名 株式会社GTアソシエイション
英文社名 GTA Co.,Ltd
代表者 代表取締役 坂東 正明
FIA-F4
プロジェクトリーダー
服部 尚貴
FIA-F4事務局 大澤 尚輔
田口 朋典
中野 恵以子
野村 昌弘
日比野 貴男
(五十音順)
株式会社GTアソシエイションについて

TO TOP MENU