RACE REPORT

FIA-F4選手権 第6戦オートポリス 決勝上位コメント

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権 第6戦オートポリス 決勝上位コメントの画像

第6戦 決勝上位コメント

 

第6戦 決勝1位
大湯都史樹【#5 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「昨日タイヤを酷使してしまったので、序盤はセーブしながら走りました。後半はがんばって走りましたが、どうやっても厳しい状況になってしまい、そのため宮田選手が(後方に)来ましたが、バトルに競り勝つことができました。マシンバランスがすごく良かったので、ここまで支えてくださっている皆さんに感謝したいです。岡山では予選で失敗して結果を残せず、富士では最善を尽くしたのに2位で終わってしまい、昨日も途中までは良かったのに右リヤのタイロッドにトラブルが出てしまうなど、悪い流れが続いていたので、ここで勝てたことでホッとしました。もちろんタイトルは狙っていますが、簡単なことではないと思っているので、しっかり準備をして次のSUGOもがんばっていきたいですね」

 

 

第6戦 決勝2位
角田裕毅【#8 SRS/コチラレーシング】

「スタートは無難にこなせた感じです。第1コーナーで笹原選手を抜くことができて、その流れに乗って宮田選手も抜きたかったんですが、そこから先は宮田選手のペースが一気に上がったので、ついていくのが精一杯の状況でした。最終ラップで宮田選手がコースアウトしたので、そこでいくしかないと思いました。うまく抜くことができて良かったです。宮田選手はクルマのバランスが良くて、最後までリヤのグリップが持ちこたえている印象でした。僕は昨日のレース(第5戦)でタイヤを使ってしまっていたので、リヤが厳しかったですね。しかし次のレースに向けていい課題ができたと思います。SUGOでは絶対2連勝してポイントを稼ぎ、チャンピオン争いに加わりたいと思います」

 

 

第6戦 決勝3位
笹原右京【#6 HFDP/SRS/コチラレーシング】

「スタート自体は昨日(第5戦)より良かったのですが、第1コーナーで行き場がなくて4番手に落ちてしまいました。昨日とは気温が違ったせいか、僕のクルマはオーバーステア傾向が非常に強く出ていた上、なかなか抜きにくいコースレイアウトなので前についていくのが精一杯の状況でした。最後はラッキーもあって3位でフィニッシュでき、大きくロスせずに終われたので、ドライバーとして最低限の仕事はできたと思います。(次戦の)SUGOはカートコースしか走ったことがありませんが、アップダウンがあり、ツイスティなレイアウトなので、個人的に非常に楽しみなコースです。岡山の第2戦と今回のレースではホンダ勢が1-2-3でしたが、毎回僕はいつも2位とか3位なので、SUGOで表彰台を独占することがあったら、今度は僕が真ん中に立ちたいですね」

 

TO LINK PAGE

TO TOP MENU