RACE REPORT

FIA-F4選手権第13戦、阪口晴南が逆転で初優勝!
宮田、大湯が2〜3位に入りタイトル争いは最終戦に持ち越し

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権第13戦、阪口晴南が逆転で初優勝!<br />宮田、大湯が2〜3位に入りタイトル争いは最終戦に持ち越しの画像

 SUPER GT第3戦決勝終了後、ややタイムスケジュールがディレイして午後3時43分に決勝スタートとなった第13戦決勝。午前に行われた第6戦決勝ではウェット宣言が出されるなど、難しいコンディションでの戦いとなったが、この第13戦は完全なドライコンディションでの12周の攻防が展開された。


 第6戦でエンジンにダメージを負った勝亦勇雅がリタイア、36台が出走した第13戦決勝。昨日行われた公式予選の結果、この第13戦もポールシッターは大湯都史樹だったが、レッドシグナルが消えた瞬間の動き出しが悪く、イン側から宮田莉朋、アウト側から阪口晴南が好スタートで大湯の前に。1コーナーではこの宮田と阪口の先陣争いが展開されたが、その結果2コーナーを先頭で立ち上がったのは宮田。これに阪口、大湯、大滝拓也、篠原拓朗、石坂瑞基が続いたが、3〜4コーナーで阪口が逆襲を果たし、阪口がトップに。さらに5コーナーで大湯が宮田に襲いかかり2番手を奪い、宮田は3番手に後退することに。
 オープニングラップのヘアピン立ち上がりで平優弥を川端伸太朗が押してしまい、平はスピン。後続車両も絡んでしまい、いきなり2台がリタイアとなってしまう。


 こうして1周目を終えてトップは阪口。僅差で大湯、宮田、大滝、篠原、根本悠生、石坂、そして小高一斗、上村優太、河野駿佑がトップ10に名を連ねたが、初優勝を狙う阪口ながら独走は許されず。背後では数台のマシンがコンマ数秒差のまま集団での攻防を展開する中、小高がファステストラップを刻みながら猛追を開始する一方、5周目には宮田が1コーナーで大湯を捕らえ2番手に返り咲く。
 7周目、今度は宮田がファステストラップをマークしながらトップの阪口に肉薄。5コーナーで阪口に並びかけた宮田だったが、立ち上がりで僅かに両者は交錯してしまい、宮田は右のフロント翼端板を失い3番手にドロップ。再び大湯が2番手に浮上することに。
 しかし、翌8周目の90度コーナーで大湯がコースオフを喫し、再び宮田が2番手に。その直後、同じ90度コーナーでは篠原を小高がパスし5番手に這い上がると、さらに9周目のヘアピンで大滝のインに飛び込んだ小高は4位にまで躍進を果たす。


 ラスト2周、宮田はトップの阪口に迫ったものの、僅かなミスもあり仕掛けるまでには至らず。最後まで集中を切らさなかった阪口が、待望のFIA-F4初優勝を飾り、2位には宮田。3位に大湯が入り、以下小高、大滝、篠原までがトップ6となった。


 この結果、チャンピオン争いは最終戦に持ち越されることとなったが、現時点でタイトルの可能性を持つのは142ポイントの宮田、138ポイントの阪口、そして125ポイントの大湯の3人に絞られた。明日の第14戦で一体誰が王座を獲得するのか。第6戦のベストラップで決まる第14戦決勝のグリッドはまだ発表されていないが、3者ともに上位グリッドからのスタートは期待できないだけに興味深い最終戦となりそうだ。

 

 
TO LINK PAGE

TO TOP MENU