RACE REPORT

FIA-F4選手権第14戦、優勝は今季2勝目となる平木湧也!
三つ巴のタイトル争いに終止符、宮田莉朋が2代目王座に

TO LINK PAGE
FIA-F4選手権第14戦、優勝は今季2勝目となる平木湧也!<br />三つ巴のタイトル争いに終止符、宮田莉朋が2代目王座にの画像

 快晴に恵まれた11月13日(日)、ツインリンクもてぎにて2016FIA-F4選手権のシリーズ最終戦となる第14戦が行われた。
 前日の第13戦を終えた段階で、チャンピオン争いの権利を残すのは、宮田莉朋、阪口晴南、大湯都史樹の3人に絞られたが、ダンプコンディションでタイヤ選択の分かれた第6戦決勝のベストラップによって決められた、この第14戦のグリッドではポールポジションに篠原拓朗、2番手に平木湧也、2列目に河野駿佑、川合孝汰、3列目に石坂瑞基、高橋知己が並び、タイトルを争う3人は第6戦で振るわず大湯が20番手、宮田が25番手、阪口が33番手と予想外の後方グリッドからのスタートとなった。


 SUPER GTの公式予選終了後、午前9時59分にスタートとなった12周の第14戦決勝。レッドシグナルが消えると、ポールの篠原を上回る動き出しでイン側グリッドの平木湧也が飛び出し、1コーナーを制する。篠原、河野、石坂らが続くが、3〜4コーナーで数台のマシンが交錯。川合はフロントウイングにダメージを負ってマシンを止めてしまう。
 さらにオープニングラップのヘアピンで中根邦憲がスピン、そこへ後続の池島実紅がクラッシュしてしまいコース上に2台がストップ。このためいきなりセーフティーカーが導入されることに。


 1周目を終え、平木湧也、篠原、河野、澤田、高橋、石坂がトップ6。注目の3人は、大湯が17番手、宮田が19番手、阪口が21番手とそろって大きくポジションアップを果たしていたが、ポイント獲得にはまだまだ遠い状況。セーフティーカーは2周終了時にコースを離れ、3周目からレースはリスタートとなったが、ここでは平木湧也がリスタートを決め、トップを守ったままレースは再開。しかし、河野をかわした澤田が3番手に浮上。後方では大湯が午井渕琴夏、伴貴広、浦田裕喜らを捕らえ、さらに宮田、阪口もポジションアップし、4周目の段階で大湯14番手、宮田15番手、阪口18番手となる。


 トップを行く平木湧也に対し、篠原もコンマ数秒差で追随するものの、その篠原の背後には澤田も僅差で続き、3台は接近戦のままレースをリード。ややペースの上がらない河野は高橋、石坂、平木玲次、大滝拓也、武平良介ら集団の頭を押さえる形となり苦しい戦いに。
 この集団に徐々に追いついていった大湯は5周目に14番手、7周目に13番手、9周目に12番手と躍進。さらに宮田も5周目に15番手とすると、7〜8周目にファステストラップを刻みながら追い上げ、9周目には14番手、11周目には12番手に。阪口も11周目には15番手に浮上を果たす。


 結局、終始篠原、澤田のプレッシャーを受けつつも、このレースを制したのは今季2勝目となった平木湧也。篠原、澤田が最終戦の表彰台に上がり、9周目にポジションアップを果たした石坂が4位。5〜6位には河野、大滝が続いた。
 一方、タイトルを争う3人は最終的に大湯が10位に入り1ポイントを加算。宮田は11位、阪口は15位でフィニッシュしポイント獲得はならなかった。この結果、シリーズチャンピオンに輝いたのは宮田。阪口、大湯がランキング2〜3位となり、チェッカー後には宮田が喜びを爆発させながらウイニングランならぬ“チャンピオンラン”を行った。


 これで開催2年目となったFIA-F4選手権シリーズも全日程を終了。3年目となる来季はさらなる激戦が期待される。

 

 

 
TO LINK PAGE

TO TOP MENU